韓鶴子女史み言アーカイブ

韓鶴子女史が語られた至宝のメッセージ

救援摂理史の原理観③

愛の責任性は三つ

 その責任性は、次の3つとして考えることができます。第1に、人間は愛の自由を下さった神様に感謝しながら、自己修練、自己管理で自由な真の愛の主体者になる責任です。人において愛の責任性は、法や世間体ゆえに守られるものではなく、神様との生命的縦的関係の中で自己主管、自己決断で守られるのです。

 第2に、相対に対する責任性です。人間は、本性的に自らの相対の、自分に対する愛が分けられることを願いません。夫婦間の横的な愛の関係は、父母と子供の間の縦的な愛の関係と異なり、分けられればもはやその完全性が破壊されます。これは夫婦間で絶対的な愛の一体を成すようになっている創造原理ゆえです。人は、絶対に自分の相対のために生きるべき愛の責任性があります。

 第3に、子女に対する愛の責任性です。子女たちの誇りと幸福の基地は、父母の愛です。子女たちは、真の愛で和合一体化した父母を通して生命が生まれ、そのような愛の中で養育されることを願います。父母の子女に対する最も貴い責任は、外的な養育だけではなく、彼らの霊性を完全にしてあげる真の愛の生命的な要素を提供することです。家庭が貴い理由は、このためです。

 生活的な経験を通して体得する真なる子女の心情、兄弟の心情、夫婦の心情、父母の心情は、真なる家庭以外、そのどこでも得ることはできません。アダムとエバが神様を中心とした真の愛の夫婦となれば、神様は理想どおりに、御自身の実体であるアダムの体の中にいまし給いながら、エバを愛されるようになるのです。

 さらにはアダムとエバは、神様の実体をまとった真の父母となって、善なる愛、善なる生命、善なる血統の出発となったことでしょう。ところが、堕落によってアダムとエバは、サタンの実体となって、悪なる夫婦、悪なる父母、悪なる先祖となってしまいました。彼らの結合は、悪なる愛と悪なる生命と悪なる血統の根となってしまったのです。人類はすべてこの根に根源をおいたので、生まれるときから、すべてが神様の怨讐であり姦夫であるサタンの後孫になり、悪なる父母の血統を受け継ぐようになってしまったのです。

 人類の先祖の堕落で真の愛の理想が崩れたとき、神様の苦痛がどれほど大きかったでしょうか。 神様の子女になるべき人間たちが、本来の父母である御自身が分からず、むしろサタンに仕えるのに、神様は救援歴史をしてこられたのです。

 絶対的な神様の創造理想も絶対的であるので、悲しい救援歴史をなさるしかありませんでした。神様の救援摂理は、失った真の愛の創造目的を再び回復する復帰摂理です。ですから、救援摂理は再創造摂理でもあります。このような点で、復帰摂理の根本は、どうすれば創造理想を完成する人間の種、本然の赤ん坊の種を見いだせるかにあるようになります。

 神様が一番嫌う姦夫であるサタンの偽りの愛から由来した生命と血統を、清算しなければなりません。神様の真の愛と生命と血統と一体になった救世主、真の父母を、どのようにして生まれさせるかということです。人間始祖が自分の責任分担を完遂できず、不倫なる血統関係を結んでサタンの主管を受けるようになったので、神様が直接立って原状回復させることができないのです。神様は天使長側に回った人類を、条件なしに善なる立場から選ぶことも、打つこともできないのです。神様は善なる天使長的中心人物を立て、先に打たれながら蕩減条件を立てるようにして、奪ってくる作戦をしてこられました。しかし、サタンは先に打ち、奪われる立場になりました。第1次、第2次、第3次の世界大戦はその例になります。先に打った側が滅びました。

長子権復帰のための神様の摂理

 復帰摂理を概観すれば、母子協助の基盤が重要でした。ヤコブの時、モーセの時、イエス様の時、みなそうでした。堕落の張本人であるエバの代わりに責任を果たすお母さんを立て、次子と母子協助をしながら、サタンの血統と生命を分立させるための摂理が存在してきたからです。神様は、堕落によって人類を先に占有したサタンと血縁的に直結した長子に、直接対することはおできになりません。神様は善側を代表する次子を相対として条件を立たせ、悪側を代表する長子を屈服させることで、善なる血統を復帰してこられました。

 アダム家庭で、神様は次子アベルを立てて長子カインを屈服させようという摂理をなさいました。堕落した母親ですが、そのエバによる兄弟を一つにしようとする努力はありましたが、結局はカインがアベルを殺害することによって、救援摂理は終結を見ることができず、延長し始めたのです。ノアの時も母子協助の基準はありましたが、本格的な母子協助の基準はリベカ、ヤコブの時からです。

 人類の堕落は、アダム、エバ、天使長、このように3つの存在によって引き起こされました。天使長がエバを誘って霊的堕落をし、その次に堕落したエバがアダムを誘って肉的堕落をすることによって、神様を裏切ったのです。堕落した天使長がサタンになりました。救援摂理は復帰摂理であり、復帰の原則は180度反対の道を通してなされるのです。真の愛と生命の種をもったアダムを失った神様は、サタンの讒訴条件がない新しい種をもった息子を探し立てなければなりません。

 創造の時、アダムを先に造ったように、再創造摂理である復帰摂理も、堕落と無関係な息子を先に立てなければならないのです。これがメシヤ思想の根本です。メシヤは、サタンの主管下にいる堕落した血統をもった人たちの生命を否定し、新しい生命の種を接ぎ木してあげるために来られる真の人であられます。

 根は神様に置きましたが、後のアダムとして来て、アダムによって引き起こされたものを清算しなければならないメシヤです。神様が、能力だけで役事する超人をメシヤとして送ることのできない事情が、正にここにあるのです。

 この地に神様の愛と生命の種をもって生まれる息子のために、先にお母さんがいなければなりません。お母さんが息子を産むにしても、ただそのまま産むことはできないのです。必ず、復帰の公式を通して産まなければならないのです。

 復帰摂理の中に現れた母子協助は、すべてが天の息子がサタンの讒訴を免れた新しい生命の種をもって着地するための準備であり、条件なのです。母子共にサタンの攻撃を免れることのできる条件を立てた土台の上で、サタンを代表する長子を屈服させることにより、サタンが先に占有した愛と生命と血統を復帰してこられたのです。神様の摂理の歴史を記録した聖書の中に、理解することのできない記録がたくさんあります。

 リベカが夫のイサクと長子のエサウをだまし、次子ヤコブを助けて彼に祝福を受けさせました。神様は、一見不当に見える方法を用いたこの母子の側に立たれて、彼らを祝福し続けられました。アダムの家庭では、カインとアベルの兄弟が胎外で争って、次子のアベルがかえって殺されました。


韓鶴子総裁講演集」より

救援摂理史の原理観②

神様の創造が必要な理由

 神様は、御自身の体としてアダムを先に造りました。アダムは、神様の息子であると同時に、体をもった神様自身でもあります。その次に、アダムの相対者としてエバを造って、横的な愛、すなわち夫婦の愛の理想を完成しようとしました。エバは、神様の娘であると同時に、神様の横的愛の理想を実体で完成すべき新婦でもあったのです。

 アダムとエバが完成して神様の祝福のもとで結婚し、初愛を結ぶその場は、すなわち神様が実体の新婦を迎える場なのです。アダムとエバの夫婦の愛の理想が横的に結実するその場に、神様の絶対愛の理想が縦的に臨在、同参なさることによって、神様の真の愛と人間の真の愛が一点から縦横の基点を中心として出発し、一点で結実完成するようになるのです。神様の創造は、必然でした。目的のない創造は、考えることができません。

 神様において創造が必要だった理由は、ただ一つ、真の愛の理想でした。最も簡単で低級な被造物から人間に至るまで、各々主体と対象、陽性と陰性のカップルで展開なさった理由も、愛の理想のもとで相対関係を形成するためなのです。創造物の愛の理想と神様の究極的な愛の理想は、別個ではありません。人間世界の男性と女性の愛の完成を通して、神様の絶対愛が完成するようになさったのが創造原理です。

 初めに人間をアダムとエバ、一男一女として創造なさった理由もここにあります。神様の創造目的は、アダムとエバが真の愛の主体であられる神様の戒めを守って真の人として完成することです。さらには、神様の真の愛で一つとなった真なる夫婦になるのです。また、彼らがその真の愛の中で息子、娘をもち、幸福に豊かに暮らすことのできる真の父母になることです。アダムとエバが真の愛で完成することは、正に神様が実体を身にまとう願いが成就するのです。そして、彼らが真なる夫婦として完成することは、正に神様の絶対的な愛の理想の完成を意味します。

 次に、アダムとエバが善なる子女をもって真の父母になることは、正に神様が永存の父母の位を実体的に確定し、また神様が人間の血統を通して子々孫々を繁栄なさることによって、天上天国の市民を無限にされたかった理想を成就なさろうとされたのです。

 ところが、人間始祖アダムとエバは、堕落してしまいました。エデンから追われるとき、彼らは子女を抱えていませんでした。神様が追い出したアダムとエバをエデンの外まで訪ねていって祝福し、結婚式をしてあげられたはずは絶対にありません。全人類は、神様の愛と関係なく繁殖した、追い出された先祖の後孫です。

アダムとエバの堕落は不倫から始まった

 満場の御来賓の皆様! 人類の堕落が木の実を取って食べた結果であり得るでしょうか。アダムとエバの堕落は、神様の真の愛の理想に背いた不倫の犯罪です。守るべき戒めが必要だった堕落前のアダムとエバは、未完成段階、すなわち成長期間で堕落してしまいました。蛇で表示された天使長の誘いを受け、エバが霊的に堕落し、そのエバがアダムを誘って(時ならぬ時に善悪を知る木の実を取って食べる)肉的な堕落をしてしまったのです。

 本然の園で神様と対話しながら、楽しくはしゃぎ回って暮らしていたアダムとエバが、死ぬことまでも顧みないで犯し得る可能性のある犯罪は、間違った愛の犯罪しかないのです。人類の先祖の初愛の結合は、神様自身の愛の完成でもあったので、当然、神様もアダムとエバも宇宙万象も、歴史を通して歓喜と祝福の中に酔う幸福な宴の連続でなければなりません。神様の愛と生命と血統が人間の中で出発しながら、定着する幸福な儀式でなければなりません。

 ところが、彼らは下半身を覆い、木の後ろに隠れて、不安に震えました。天道に逆らう偽りの愛、偽りの生命、偽りの血統の根源をつくった不倫の関係を結んだからです。堕落したアダムとエバの後孫である全人類は、子々孫々、生まれる時から原罪があるようになりました。

 人類が個体の中に心と体の衝突を矛盾として感じるのも堕落に根源があり、愛の秩序が紊乱した社会の中で本心が願わない生を生きていくのも、すべてここに由来しました。愛の理想を中心として見るとき、動植物の世界では、その愛の関係がすべて繁殖を前提にして初めて成されます。

 しかし、人間だけはその例外です。人間は、夫婦の愛の関係を自由に享受します。これが万物の霊長たる特権です。神様は、息子、娘である人間が無限なる愛の喜びをもつように祝福しました。神様が許諾した真なる自由は、責任性を前提とします。もし、責任性なしに個々人が愛の自由だけを主張し、実践するなら、どれほど大きな混乱と破局が来るでしょうか。至高なる愛の理想を求める人間は、愛に対する責任性をもつときに完成が可能なのです。


韓鶴子総裁講演集」より

救援摂理史の原理観①

「世界平和家庭連合185カ国結成大会」東京大会
1996年9月10日、千葉、幕張メッセ

 尊敬する御来賓、「世界平和家庭連合」の会員、そして紳士、淑女の皆様!
 緑の季節8月を送り、既に五穀が実る天高く馬肥ゆる豊かな結実の季節、秋の初めに、私たちすべてが顔を向かい合わせて座り、自らを確立してみる時が来ました。このような時に、私はきょう、各界の高名なる指導者の皆様と共に、人間の生命の揺籃であり、平和世界の礎石たる真の家庭に関して、共にお話を分かち合えることを無限の喜びと考えます。きょうのこの集いが未来に健全な家庭と平和世界を築く、貴い動機となるようにお願いします。

 神様は絶対者であられ、唯一、不変、永遠であられるお方です。そのみ旨も同じなのです。もし人間始祖アダム、エバが神様の愛で一体になったなら、万事は完全、完成なのです。ですから、神様の出発、目的とその過程も、そして原因と結果とその方向も絶対的なのです。人間始祖アダム、エバは無知から堕落し、混沌に陥りました。個人的な無知と混沌から、家庭、国家、世界的無知と混沌に陥るようになりました。

 この堕落圏を逃れるためのものが宗教と救援摂理の努力なのです。終わりの日にメシヤが来て、神側で見る唯一、絶対、永遠、不変なる原因と方向と結果をはっきり教えてあげ、無知と混沌世界を清算して本然の神様の懐に帰るべきなのが、み旨の完成です。そのようにならなければ、終わりの日に、すべての宗教も、主義や思想も、国家も、みな滅びるようになるのです。今、私たち人類はわずか数年で21世紀を迎え、2000年代の新しい歴史時代に差し掛かります。このような重大な時点で、私はきょう、「救援摂理史の原理観」を主題として話し、新しい時代を準備する私たちの心を確認しようと思います。

真の愛は経験を通して得られる

 創造主と人間との真の愛を中心とした完全、完成を願う神様は、人間と一体となる条件が必要でした。それで神様は、人間始祖に下さる戒めが必要だったのです。人間が成長期間を育っていく未完成段階にいたことを御存じで、神様が子女である人間に、最も貴い真の愛を相続させようとなさる条件が戒めでした。本来、真の愛は経験を通して得て、体恤を通して分かるようになっていました。真の愛は、言葉や文字、あるいは一般教育を通して体得できるものではありません。生活を通してのみ、完全に体得するのです。

 赤ん坊として造られたアダムとエバは、成長しながら段階的に生活を通して経験をすることによって、真なる子女の心情、真なる兄弟の心情、真なる夫婦の心情、真なる父母の心情を体恤することによって完成するようになっています。神様の真の愛を全体的に体得するとき、初めて創造目的を完成した理想的な人間になるのです。

 人は自分の愛する相対が、自分より何千万倍、いや無限大の価値的存在として生まれることを願います。このように神様も、御自身が愛する相対である人間が、無限なる価値的存在になることを願われるのです。人間が完成すれば神性をもち、天の父が完全であられるように、完全で神的な価値をもつのです。神様は絶対者であられますが、真の愛の理想は一人では成されません。愛の理想は必ず相対を要求するからです。

 私たちはここで、神様の真の愛と人間の真の愛の出発と完成が互いにいかなる連関をもっているかを知らなければなりません。もし、神様が真の愛の絶対的な対象として人間を立てずに、他の方法を通して御自身の真の愛の出発と完成を成そうとされたなら、どのようになったでしょうか。

 神様と人間の真の愛の理想は、各々動機が異なり、二つの愛の方向と目的は異なるしかなくなります。もしそうなるなら、神様の愛の理想は、人間より上位の、またほかの愛の対象を立てて成さなければならず、一方で人間の愛の理想は、神様と直接的な関係をもてなくなってしまいます。

 真の愛の主体者であられる神様は、その真の愛の相対として人間を立てました。神様の愛の理想は、人間を通してのみ完成されるのです。神様の創造目的は、神人愛一体の絶対的愛の理想世界です。人間は、神様の最高最善の愛の対象として造られました。それゆえに人間は、創造物の中で唯一、神様の実体を身につけた対象なのです。無形の神様の前に、見える体として生まれました。人間は完成すれば神様の宮になります。神様が自由に、また平安にいつも入ってきて住まわれ得る有形の実体です。神様の絶対的な真の愛の全体的な理想は、人間を通して父母と息子の縦的関係で実現、完成します。


韓鶴子総裁講演集」より

真の家庭と私⑦

真の御父母様の必要性

 皆さん! 皆さんは自分たちの国が神様の祝福を受けることを願うでしょう。そのためには神様の真の愛を中心として、心と体が一つとなった民にならなければならないのです。神様の真の愛を中心として、夫婦が絶対的に一つにならなければならないのです。神様の真の愛を中心として、子女が絶対的に一つになる家庭をもつその家庭が、この国に多くなるとき、神様がこの国に来て暮らすようになるのです。そうなれば、自然にこの国も世界の中心国家にならざるを得ません。

 自分の一番愛する人が農村や貧民窟にいるとしても、その愛する主体は対象が暮らす所に行って、共に生きたいのです。どのような所でも、愛する人がいる所に行って暮らしたいのと同様に、神様も一番愛することのできる息子、娘のいる所があれば、農村や貧民窟も天国になるのであり、上流層も天国になるのであり、中流、そのあらゆる環境を超えて天国になるという話なのです。

 さて、きょう統一教会の教主という人がここに現れて話をしています。統一教会とはいったい何をする所かと尋ねるなら、神様の真の愛を紹介する所です。また、真の愛を中心として心と体が一つになるようにしようとする所であり、心と体が一つとなったその夫婦を、絶対的に一つとなった理想的夫婦にしようとする所です。その息子、娘は絶対的に分かれない統一された兄弟にしようとするそのような主義で、神様の命令によってその使命を遂行するのが統一教会だ、ということを伝達いたします。

 堕落によって、偽りの父母から偽りの愛、偽りの生命、偽りの血統を受け、偽りの結婚式をした家庭として始まった、汚されたものを完全に清算し、真なる神様と真なる父母の愛を中心として、私たち夫婦は外的には「頭翼思想」を立て、左翼右翼を克服し、内的には「神主義」、すなわち真の愛を通して良心世界と霊的世界を克服し、真の父母となったのです。真の父母となって、神人愛が一体となった真の愛の種、真の生命の種、真の血統の種を接ぎ木してあげ、大きな祝福を伝授してあげる復活の礼式が、正に国際合同結婚式なのです。これがすなわち、真なる新しい家庭として進む道を開いてあげる礼式なのです。世界の全人類が大きな祝福を受け、天国家庭に転換され、地上天国に入籍する国民になることを願ってやみません。

 こうして、超国家的な血縁関係を結成して、神様を中心とした天宙的大家庭主義を形成することによって、真なる父母主義、夫婦主義、兄弟主義を宣布して心情文化世界を迎えることによって、地上から天上世界まで天国に入ることのできる、解放された地上天国世界を完成しようというのが統一教会の目的なのです。

 第2次大戦以後、レバレンド・ムーン(文鮮明先生)は、全世界的に50年の間、迫害を受けてきました。知ってみると、罪があったからではなく、人々を救うために多くの迫害を受けたことを知る時代になったので、今は反対に、一番立派だと考えるようになりました。レバレンド・ムーンの手によって、共産主義が滅びました! ゴルバチョフ金日成を教化させたのがレバレンド・ムーンです! 滅びていくアメリカを救おうと、レバレンド・ムーンでなければならないという、そのような希望的な体制をつくっておきました。韓国と北朝鮮の統一のためにもレバレンド・ムーンは、あらゆる努力を傾けています。中東に対してもそうなのです。アメリカの共和党が40年ぶりに民主党を押さえて勝利したのも、レバレンド・ムーンによる背後からの影響が非常に大きかったからだという事実をお分かりください。

 レバレンド・ムーンが言ったことは、みな成してきました。全世界がレバレンド・ムーンを亡き者にし、殺そうとありとあらゆることをしましたが、死なずに堂々と世界の頂上に立って、きょうも叫ぶことのできる立場に立ったのは、天が愛するからであり、神様が絶対的に保護するから生き残ったという事実を、きょう、皆さんは知って、統一教会について命を懸けて、これを学んでみなければならないと思うのです。

 きょうこのような意義深い日、会って信じるに値する立場で、一番重要な事実について紹介しました。どうぞ忘れずにこの道に従って、皆さんが新しい覚醒のもとに決意して、皆さんの家庭と皆さんの国に、祝福を誘導する指導者になるようお願いします。これによって、理想的家庭が皆さんの国に出発し始めるのです。

 皆さんも御存じのとおり、レバレンド・ムーン夫婦は、真の父母という名をもって全世界に知られています。今日、私たち夫婦が真正なる真の父母として、真なる愛、真なる生命、真なる血統で天と連結されたことが事実なら、この地上には平和を成す真の家庭と、私から解放と、自由と、統一と幸福の天国が始まるということを記憶してくださるようにお願いします。

 最後に、この講演に御参加くださった皆さんが私のメッセージを心に刻み、神様を中心とした真なる個人と家庭として生まれ変わり、人類に希望と幸福の21世紀を開いてくださるようにお願いし、また皆さんの家庭と国に、神様の祝福があるように祈ります。ありがとうございました。


韓鶴子総裁講演集」より

真の家庭と私⑥

良心作用

 良心は、神様の真の愛を、どのように占領するのでしょうか。何かお金があり、知識があり、権力があっても、自己の命を懸けて愛する人を失ってしまえば、役に立たないのです。皆さんが心を解放させ、解怨成就させて、360度をもって解放圏を良心世界に放てば、その良心は自然と神様の真の愛と連結されるのです。愛と良心のどちらが大きいかといえば、愛が大きいというのです。なぜなら、良心は愛から始まったので、愛がより大きいということを知ることができます。

 良心を解放させ、神様の真の愛と一つとなって暮らしてから入る所、神様の愛の血族のために準備して、愛を中心として暮らしてから入る所が天国だというのです。この愛を占領できなければ、永遠に天国に入れず、その日のために数千万年を待たなければならないというのです。

 堕落によって失われた真なる神様の思想と経綸の明かりが、人間たちにともされて、神様の真の愛を備え一体にならない限り、天国とは関係がないのです。真の良心と、真の愛が一つになって暮らす人は、天国に自動的に入ります。イエス様を信じても、神様の愛との連結ができない者は、天国に入れません。心と体が闘う者は、天国に入れません。サタンの血統を受けて紛争する者は、天国に入れません。

 このようなことを開拓すべきすべての宗教が、自ら闘うときには、終わりの日にみな滅びるようになります。闘う所には神様がいらっしゃいません。それゆえ、宗教というものは、体を打って良心を解放させる方便的な運動であって、これが救いの門を開く鍵ではありません。神様の真の愛を中心として真の愛と真の生命と真の血統を受け継がなくては、救いはあり得ないという事実を知らなければなりません。

 宗教を信じることによって救われるのではなく、宗教は体を弱めるものです! 良心の解放圏を備えるようになれば、良心の欲望は神様より高くなる資格があるというのです!皆さん、私がすることを良心が先に知っているでしょうか。どうですか。良心が先に知っているのです。私たち人間は相対的な存在なので、人格が異ならなければなりません。個性が異なるのです。人格が異なるのです。もし、神様が先に知るなら、神様の分身であり、一つの体なのです。そうなれば、相対的な理想は、自己自らがしなければならないということです。アダムとエバが堕落したあとで神様が、「おい、アダム! お前はどこにいるのか」とまず聞くのです。

 対象的な人格者としての人間は、神様の真の愛から出発したので神様に帰るのです。神様に帰らなければならないのです。父母が百歳になり、息子、娘たちが年を取って80歳になるなら、父と子は父子の関係はもちろん、友にもなるのです。男性と女性を力で比較すれば相手になりませんが、愛というものが介在するなら、夫と妻が互いに押したり引き寄せたりしながら一つになるというのです。神様の前に対象的な愛の存在になったなら、神様が喜ばれるでしょうか、喜ばれないでしょうか。

 神様が理想的な対象を願いながら、愛の対象が完成する前にこの宇宙をお造りになりましたが、愛の対象として完成したのちに、アダムとエバが「それ以上に大きなものを再び創造してほしい」と言えば、神様には創造なさることのできる能力があるでしょうか、ないでしょうか。私たちの良心の欲望が無限なものであっても、それを創造してくださる神様だということを知らなければなりません。

 このように無限なる神様の真の愛を中心として、対象の価値として造られたという事実を完全に失ってしまったので、これを再び回復しなければならないというのが、人間の生涯であり、人類歴史の目的だったということを知らなければなりません。

再臨のメシヤはどのようなお方か

 神様は宗教を立て、宗教の主人たちが再び来るといいました。キリスト教はイエス様が再臨するといい、仏教は弥勒仏が来るといい、儒教は真人が、イスラム教はマホメットが再臨するといいました。神様が宗教を立てた目的とは何でしょうか。

 神様が一番愛する息子、娘、神様の骨と肉が一つになるそのような愛する息子、娘を中心とした愛する家庭、氏族、民族、国家を形成するのが神様のみ旨であるということを、皆さんははっきり知らなければなりません。

 それでは、メシヤはどのようなお方かということを皆さんは知らなければなりません。永遠なる神様の真の愛を根として、初めて地上に来られて、すべての宗教が願う理想を完成するお方が再臨のメシヤだということを、皆さんは知らなければなりません。そうして、真の父母となって、失ってしまった真の愛を中心として、真なる生命と真なる血統を地上に理想家庭として探し立てようというのが神様の救援摂理の目的でした。

 堕落によって神様は、アダム家庭の真の母と息子、娘たちをみな失ってしまいました。神様がもつことのできる真の息子、娘がいなかったのです! 神様の真の愛を中心として、血統的な因縁をもつ神様の家庭がなかったのです。堕落した父母によって、偽りの愛と、偽りの生命と、偽りの血統の因縁を結ぶことで、私たちの心と体の闘いが起こりました。アダムとエバが怨讐になりました。アダムの息子、娘たちの殺戮戦が起こったのです。

 それゆえ、神様がこれを復帰するための救援摂理をしました。救援摂理は復帰摂理なので、失ってしまった真なる心と体が一つとなった息子、娘となり、絶対的に一つになる夫婦、息子、娘が絶対的に神様の真の愛を中心として完全に一つとなって、神様と永遠に共に暮らすことのできる真の家庭を、新婦格であるキリスト教と連結させ、神様と血縁関係を結ぶことによって、神様の真の愛で統一された家庭、氏族、民族、国家、世界を再び編成しなければならないというのです。これが神様の救援摂理の完成なのです。


韓鶴子総裁講演集」より

真の家庭と私⑤

良心は真の愛を願う

 神様が絶対的なお方であられるなら、一人でいて寂しいでしょうか、幸福でしょうか。皆さんがいくら大統領でも、妻がいなくて一人で暮らすならば、かわいそうです。愛の対象がいなければかわいそうになるのです! 神様も相対が必要でしょうか、必要ではないでしょうか。いくら神様でも、一人では寂しいのです。人間はお金や知識、また権力がなければ寂しいのですが、神様はお金や、知識や、権力は必要ありません。

 神様に一番必要なものとは何かが問題です。神様を何といいますか。神様は愛の王である!もし神様が愛の王であり、新郎であれば、相対者たる皇后が必要だという話が絶対的原理です。

 では、絶対的な神様の前に愛の相対になるお方は誰でしょうか。それは真なる人間です!皆さんはお金や、知識や、権力を必要としますが、妻がいなければみな意味がないのです!夫には妻や、子供が必要であり、妻にも夫と子供が必要なのです! そのような愛の対象が暮らす所が家庭です。違いますか。私はここで、良心の欲望をいっぱいに満たす愛の主体である神様に侍り、その神様の愛の対象である男性と女性が一つになって、その愛で息子、娘と幸福によく暮らす。その家庭こそ、神様の真の愛を中心とした地上天国の最初の出発の基地にならなければならないのです。

 私たち人間も愛する相対が、自分より何千万倍の無限大の価値ある存在であることを望むのと同様に、神様も自己の愛する相対が、無限なる価値ある存在になることを願うのです。そのような人が真なる人間でした。皆さん! そのような男性と女性が、正にアダムとエバだったという事実を知りませんでした。

 神様が主体なら人間が対象の立場にある存在なので、神様の分身ではありません! 神様もまた、他の別個の人格者だというのです! そうなり得る対象の前に、神様の何千万倍の期待できる価値的な存在になることを願う欲望を可能し得る、私たち人間に許してくれたのが良心の欲望だということを、私たちは知らなければなりません。

神様と人間の真の愛

 神様が創造当時、理想として願った真なる愛、偉大なる愛を中心として、人間との愛の関係を結んで一つになるこのような神人愛一体の家庭を築いたなら、今日、私たちは天国だとか地獄だとかを心配することなく、ただそのまま天国にみな入るようになっていたのです。

 ここで問題になるのは、神様の真の愛と人間の真の愛が、一つの主体的愛と相対的愛で一つになって、一点から出発しなくては二つの愛の方向と目的地になるというのです。このようになるとき、神様と人間が願う絶対的理想世界は見いだせないのです。この二つの愛が一点から出発できることを願われた神様のみ意は、堕落によって完全に停止してしまったのです。

 サタンの愛を中心として偽りの父母が生まれ、偽りの愛、偽りの生命、偽りの血統を受け継いだこのような後孫なので、これは全部地獄に行くのです。天国とは関係がないのです。ですから、肉身の欲望を抑えて、心を思いどおりにすることのできる人を中心として、良心を通して神様の愛を占領しなければならないという事実を知りませんでした。


韓鶴子総裁講演集」より

真の家庭と私④

良心の本質

 皆さん自身を中心として見るとき、皆さんの良心は皆さんのあらゆることで知らないことがありません。良心は私において、父母よりも近い立場に存在することで、永遠なる愛をもって、永遠に神様の懐に抱かれることを願っているのです。世の中の父母たちは、結婚すれば別れることがありますが、良心は私を中心として、私が生まれる前から私と共に存在し、私を愛しながら永遠に神様の子女として解放させようとするのがその使命だったのです。

 良心の世界には先生が必要ありません。ある国の文部省の大臣が、良心教育をしようと宣布をしたという話を聞いたことがありますか。良心が本然の道を行ったなら、私が一生の間、行く道をはっきり知って、間違いなく神様の懐に帰ることができるように、みな教え導いたのです。皆さんが良心を中心として見るときに、良心が私の一生のすべてのことを知っているのと同様に、霊界に行けば霊界にコンピューターがあるので、地上でなされたすべての事実がはっきりと記録されるのです。

 私の良心というものが、永遠なる神様の真なる息子、娘になるために、そのような傷のない子女となるようにするのが良心の使命だということを、今まで知りませんでした。霊界に行かない自信のある人がいますか。必ず、みな行くのです。皆さんが霊界に入れば、すぐに名前が分かるようになって、皆さんの一生だけでなく、数千代の先祖たちも一瞬間に分かるのです。その世界は時空を超越した世界なので、良心に反する内容を残してはならないのです。

 それゆえ、良心は先生よりも優っているという事実を知らなければなりません。ここには著名な方々と、教授たちが来ていらっしゃると思いますが、皆さんが良心以上のことを教えてあげる内容をもてないでいるのです。皆さんの良心は、船におけるコンパスと同様の役割をしているのです。

神様は良心の根である

 皆さんの中に、年を取った方々と若い方々がいらっしゃいますが、結婚する時に相手が自分より劣ることを願う人がいましたか、いませんでしたか。いません。また、愛する相手が自分より十倍、百倍、可能なら千倍、万倍、億万倍も優ることを願うのです。ですから、良心の欲望は、最高の愛を求め、絶対的中心者を占領しようとするのです。私たちの先祖たちも、私たちの後孫たちも、同じです。このような質問を神様にしても、同じ答えをするのです。

 皆さん、欲心と欲望をみなかなえるという見込みはないでしょう。韓国の一国会議員が大統領になりたいと思い、アジア全体、ひいては世界の一番高い立場を占有したいのが良心の欲望なのです。歴史始まって以来、今まですべての人々の考えは、良心の欲望は達成できない、不可能だ、という結論を下しています。しかし、私は可能だという結論を下しています。

 皆さんの良心は、どれほど大きいですか。良心が神様を占領したとき、それで終わると思いますか。神様よりも大きいものがあるなら、より大きなものを占領したいのが良心の欲望です。では、良心の欲望がいったい何をしようというのでしょうか。宇宙で最高のものがあるなら、その最高のものも占領し、また、それ以上のものがあれば、それをも占領しようとするのです。

 では、神様の良心はどれほど大きいでしょうか。人間の良心と神様の良心を比較すれば、どちらの良心がより大きいでしょうか。神様の良心が人間の良心より大きいなら、その良心で何をするのですか。神様が一番占領したいのが、この上なく大きな人間の真の愛に対する欲望だという結論が出てきました。


韓鶴子総裁講演集」より